システム開発の流れ

業務請負型
の場合
ラボ型(準委任契約)
の場合

業務請負型の場合

プラムザの業務請負型のシステム開発では、以下のような工程を踏むのが一般的です。
ただし案件によって状況は様々ですので、お客様とよくお話し合いのうえ、臨機応変に対応させていただきます。

要求ヒアリング

はじめにお客様のご希望されるシステムやサイトの構想についてお伺いします。

要求ヒアリング
次へ

アドバイス・ご提案

お客様からお伺いしたご要望をもとに、費用面も考慮しつつプロの視点から
アドバイスやご提案を差し上げます。
お打ち合わせを重ねつつ徐々にシステムの全体像を固めていきます。

アドバイス・ご提案
次へ

要件定義

今回のシステム開発では何を実装するのか、どの程度の性能を実現するのか、
その完成体を明らかにします。

要件定義
次へ

御見積り/摺り合わせ

要件定義を元に、御見積を作成します。機能ごとの金額をお出ししますので、そちらで機能の取捨選択を行うことができます。

御見積り/摺り合わせ
次へ

ご契約

要件定義と金額の同意がいただけましたら、正式な業務委託契約書を結ばせていただきます。

ご契約
次へ

外部設計

お客様が目にする画面や帳票類の設計をこちらの工程で行います。
最近ではよりイメージがつきやすいようモックアップと呼ばれる実際に動く画面でご確認することが多いです。

外部設計
次へ

実装/テスト

画面が固まったところから、順次開発を開始します。

実装/テスト
次へ
実装/レビューを数回繰り返す
前へ

レビュー会

ある程度のまとまりでシステムが完成したら、お客様へのレビュー会を開き、ご意見・ご要望を吸い上げさせていただきます。

レビュー会
次へ

システムテスト

最終的なシステム全体のテストを行います。
外部システムとの連携などがある場合もこの工程でテストを行います。

システムテスト
次へ

本番リリース

本番リリースを行います。これより、いつでもシステムを使い始めることが可能になります。

本番リリース
次へ

データ移行

Excel等で管理されているデータや、古いシステムからの移行データがある場合は、この工程で行います。

データ移行
次へ

サービスイン

日程を決めてシステムを使い始めます。

サービスイン サービスイン

ラボ型(準委任契約)の場合

ラボ型開発の場合は準委任契約となり、若干流れが変わってきます。
およそ以下のような工程となります。

要求ヒアリング

はじめにお客様のご希望されるシステムやサイトの構想についてお伺いします。

要求ヒアリング
次へ

アドバイス・ご提案

お客様からお伺いしたご要望をもとに、費用面も考慮しつつプロの視点から
アドバイスやご提案を差し上げます。
お打ち合わせを重ねつつ徐々にシステムの全体像を固めていきます。

アドバイス・ご提案
次へ

投入リソース提案

ご要望、納期、ご予算に合わせまして、どのような開発チームを組み、
どのようなタイミングで人員を投入するかのご提案を差し上げます。
担当するプロジェクトマネージャーがこの段階で窓口に立ちます。

投入リソース提案
次へ

ご契約

準委任契約書を交わさせていただきます。

ご契約
次へ
外部設計からサービスインまでの工程は、業務請負の場合とほぼ同じですが、より柔軟な対応が可能になります。
業務請負型・ラボ型(準委任契約)、その他システム開発に関することは
どんなことでもお問い合わせください。
下記お問い合わせフォームより受け付けております。
お問い合わせはこちら